2022手帳おすすめ「手帳は高橋。」でおなじみ、高橋書店のTrinco手帳2022レビュー、中身、使い勝手は?

手帳の使い方

こんにちは、コラージュ手帳・公認講師の福永彩子です。
そろそろ、文具店・雑貨店に10月はじまりの手帳が並び始めましたね。
いろいろ迷っている方も多いと思います。
今回は、「手帳は高橋」のフレーズで有名な高橋書店より、
trinco7をご紹介したいと思います。

2022手帳おすすめ・高橋書店のtrincoシリーズとは?

どこの本屋にも必ず置いてある、高橋書店の手帳。
高橋の手帳というと個人的にはターゲット層が割と上で
男性が使うようなイメージがありましたが、
いつの間にか、若い社員がメインとなって作った、
trincoというシリーズが出ていました。
コンセプトは「ぜいたくな、シンプル。」
“とにかくシンプル”にこだわったプレーンなデザインと、
老舗ならではの高い品質を持ち合わせた手帳です。
ニーズに合わせてtrinco1~11の種類があり、
日曜始まり、月曜始まりの2パターン用意されているものも。
その中でも私が今回手に取ったのはtrinco7です。

2022手帳おすすめ、trinco7とは

trinco7はシリーズの中でも2つのみの、バーティカルタイプです。
それもただのバーティカルでなく、
「ざっくりバーティカル」なところがポイント。
どの辺がざっくりかというと、普通のバーティカルのように、
時間の目盛りがなく、時間軸を3分割できるように、
さりげなくポイントが入っています。
特に数字なども入っていないので、
「午前・午後・夜」「仕事・プライベート・TO DO」
などと枠を自分の好きなように分類して使うことができます。
普通のバーティカルだとどうしても空白の部分が多くなるのが
気になっていた私としては、この緩い感じがちょうどよく手帳を
続けられそうだと思って選びました。
ちなみに1月はじまりの手帳です。

2022手帳おすすめ・trincoの見た目、重さ、大きさ

背表紙に2022の箔押しがあるだけのシンプルなカバー。
重さは246グラムでB6判です。
巻末にはビニール製のペンホルダーとポケットがついています。
インデックス機能が付いているので、見たい月にパッとアクセスする
ことができます。
しおりは2本ついていました。

2022手帳おすすめ【trinco7の中身】最初のページは年間カレンダー

昨年、今年、来年の年間カレンダー、祝日一覧が載っていました。

【trinco7の中身】次のページから月間カレンダー&ウィークリーバーチカル

月間カレンダー

さらにめくると月間カレンダーでした。
月曜始まりで、左側にToDoを書き込めるようなチェックリストの四角が5つ。
左下には翌月のカレンダー。
日付の書き込み部分にはうっすらと2分割するようなドット罫線があり、
午前午後、仕事プライベートなどで分けることが出来そうです。
六曜に関しては大安・仏滅・友引の冠婚葬祭で使われるものが入っています。
新月・満月・上弦・下弦の月の満ち欠けも入っており、もちろん日本の祝日も。
必要最低限をしっかり押さえている感じです。
一番下には大きめのフリーメモスペースも備えています。

ウィークリーバーチカル

さて、trinco7の一番の特徴ともいえる
「ざっくりバーティカル」についてみてみましょう。
左ページ3日、右ページ4日の見開き1週間で、
平日・土日にかかわらず等間隔。
左端には今のページが今月のどの週にあるのか
一目でわかるようにカレンダーが印刷されています。

日付の下はちょっとしたスペースがあり、
私はその日のテーマなどを書き込むのによさそうだなと思いました。
さらにその下はバーティカルスペース。
3分割できるように点がさりげなく配置されています。
悪目立ちしないので、使い手次第で自由にカスタマイズできそうです。
バーティカルの下はドット方眼メモとなっていて、
方眼自体も薄めで目立たないので、つなげて枠を作るもよし、
方眼を無視して自由に使うもよし、アイデア次第の使い方が可能です。

【trinco7の中身】巻末のメモページはドット方眼

ウィークリーと同じデザインのドット方眼メモページが付いています。

【trinco7の中身】おまけページも充実その①WishList100

チェック、日付、願い、概要、メモを書き込める、
WishListが付いています。

【trinco7の中身】おまけページも充実その②BookList

日付、タイトル、著者、メモが書き込める読みたい本リストが付いています。
48行分ですが、読書記録としても使えそう。

【trinco7の中身】おまけページも充実その③MovieList

日付、タイトル、メモが書き込める観たい映画リストもついています。

【trinco7の中身】おまけページも充実その④日本地図・世界地図

白地図の横にチェックリスト付き。
行きたいところやそこでやりたいことを書き込むのによさそうです。

【trinco7の中身】おまけページも充実その⑤個人情報欄&IDパスワードリスト

自分の名前や連絡先など落とした時に役立ちそうな情報を書き込めるページもありました。

【trinco7の中身】おまけページも充実その⑥AgeChart

時々使う、元号・西暦・年齢・干支の早見表もあります。

【trinco7の中身】おまけ付録・路線図

手帳の後ろにはフルカラーの路線図が挟み込まれていました。
挟んであるだけなので、使わなければ取り外すことも可能です。

【ペンは裏写りする?万年筆は使える?】

個人情報欄に愛用の万年筆で名前を入れてみましたが、
裏写りしますね。
ボールペンなどを利用するのが良いと思いました。

【trinco7まとめ 使いやすい?使いづらい?メリットデメリットは?】

メリット①自由度が高い
バーティカルに時間目盛りが入っていないことによって、
ゆるく予定の管理をしたい私にはピッタリ。
しばらくは朝・昼・晩で3分割するつもりですが、
いろいろ試して自分に合うスタイルをみつけたいと思います。

メリット②メモスペースが広い
今まで使っていた手帳はメモ欄が7等分されていて
日によっては窮屈なことがありましたが、
この手帳はスペースが広く、また邪魔にならない絶妙な薄さの
ドット方眼なのでのびのびと使えそうです。

デメリット 細かく時間管理したい人には不向き
人によっては時間を細かく管理したい人もいると思うので、
そういった方にはA5判、5時~24時の目盛り入りtrinco11がおすすめです。
バーティカル以外にも、こだわりに合わせてレフト式、週間ブロック式、
1日1ページなどバリエーション豊富なので一度HPをのぞいてみては?

torincoトリンコ | 高橋書店
高橋書店から、新しい手帳シリーズが生まれました。日本の老舗メーカーらしい、細部までこだわった上質なクオリティはそのまま、よりモダンで洗練されたデザインに。torinco、新しい世代へ向けた、手帳の新しいスタンダードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました