アクションプランナー2022は値上げ?高いのはサブスク。リフィル、カバー選び。似た手帳?佐々木かをり考案の日本製元祖バーチカル。自分を予約する手帳。時間管理術

手帳の使い方

皆さん、こんにちは、コラージュ手帳協会、手帳講師の渡邊康弘です。
さて、いよいよ、9月に入りまして、いろんな手帳を探しになっているんじゃないかなと思います。

今日は数ある手帳の中でも、いまの現代的手帳の原型ですね。
海外だとバーチカル手帳だとクオバディス。日本製というとやはり元祖は「アクションプランナー」ですね。佐々木かをり先生が出かける「アクションプランナー」について、考察をしていきます。

  1. アクションプランナー2022は高い!値上げ理由は、時間管理のサブスク付だから。
  2. アクションプランナー2022はやっぱり高い?サブスク付6000円~は高い?考察してみると、お得かも?
  3. 【アクションプランナー2022の中身】
    1. 【アクションプランナー2022の中身】最初のページは、個人情報
  4. 【アクションプランナー2022の中身】2ページ目は、年間カレンダー
  5. 【アクションプランナー2022の中身】3つ目は、海外の主要な国の休日
  6. 【アクションプランナー2022の中身】4つ目は、プロジェクトカレンダー
  7. 【アクションプランナー2022の中身】5つ目は、元祖ウィークリーバーチカル手帳
    1. アクションプランナーのバーチカルの特徴① 月曜始まりの30分単位で、6時~23時
    2. アクションプランナーのバーチカルの特徴② 左ページ月~木、右ページ金~日
    3. アクションプランナーのバーチカルの特徴③ 残りの年間日数、週数が把握しやすい
  8. 【アクションプランナー2022の中身】6つ目は、見開き4か月のプランナー
  9. 【アクションプランナー2022の中身】7つ目は、世界各国の単位
  10. 【アクションプランナー2022の中身】8つ目は、メモページは、罫線9ページ、方眼8ページ
  11. 【アクションプランナー2022の中身】9つ目は、20センチ定規。
  12. 【アクションプランナー2022の重さは、295グラム】意外と軽い!
  13. 【アクションプランナーの書き方】相性のいいペン?万年筆は裏写りする?裏抜けが気になる。
  14. アクションプランナー2022まとめ!使いづらい?使いやすい?
    1. アクションプランナーの使いやすい理由① 空いている自分時間がパッと見でわかる
    2. アクションプランナーの使いやすい理由② スケジュールを一元管理できる
    3. アクションプランナーの使いやすい理由③ 自分の時間を見える化し、予約できる
    4. アクションプランナーの使いづらい理由 個人的な理由 時間幅6時~23時の壁
  15. 佐々木かをり著の『自分を予約する手帳術』にはどんなことが書かれている?
    1. 「自分を予約する」ステップ1 時間の量を見る手帳を探す
    2. 「自分を予約する」ステップ2 時間を面で確保する
    3. 「自分を予約する」ステップ3 移動時間も書く
    4. 「自分を予約する」ステップ4 プライベートも、一カ所に
    5. 「自分を予約する」ステップ5 自分を予約する
    6. 「自分を予約する」ステップ6 「やること」リスト、廃止
    7. 「自分を予約する」ステップ7 いつも持ち歩く・いつも開く
  16. アクションプランナーと似ている手帳は、ジブン手帳?CITTA手帳?
  17. オリジナル手帳を作る手も!アクションプランナーと似ている手帳を自身でつくる!コラージュ手帳という手も。

アクションプランナー2022は高い!値上げ理由は、時間管理のサブスク付だから。

今回から「アクションプランナー」は非常に面白い取り組みを行っております。

日本初の、時間管理のサブスク遂に登場!毎週サポートメールが届く、さらに、時間管理講座基礎編が受講できるという、新しいモデルを考案しております。

そのため、若干、アクションプランナーの価格が依然よりも値上げしております。高い!

2021年度版は、カバーなし3300円。カバー有は4000円から考えると高い感じがします。
若干ちょっとお高いなあっていう金額の6000円から2万円ぐらいというので、高いですよね。

カバーの材質によって、ちょっとずつ値段が違うということなんですけれども、だいたいですね。ちょっとしたカバー付きのになると、6600円税込という価格になっています。

 ちょっとカバーがついてない形だとですね。若干お安いんですけれども、6000円というと結構高いなという印象を受けますね。

ただ。 毎週サポートメールが届くというとどうでしょうか?

アクションプランナー2022はやっぱり高い?サブスク付6000円~は高い?考察してみると、お得かも?

やっぱり手帳って使ってみるとですね。あのなかなか続かないというのも多いですよね。、メールが2021年11月29日から来年の2022年の11月21日まで届くそうです。

毎週、佐々木かをり先生からの直執メールが届くとのことで、サブスクを含めた価格を見ると、お得感がありますね。さらに、時間管理の基礎講座もついてくるというので、お得感がありますね。

【アクションプランナー2022の中身】

それでは、手帳の中身はどういうようなことになるのか、考察をしていきます。

【アクションプランナー2022の中身】最初のページは、個人情報

ます、アクションプランナーを開いてみますと、

最初はですね。Personal informationというのが載っておりますね。

自分の名前アドレスや、住んでいる場所など、個人情報を書き込めるページになっています。

手帳は思い入れもあって、どんどん書きこんでいくのは便利なんだけど、うっかり、カフェで忘れた、電車の中に、かばんごと忘れた。こういうことってありますよね。

そんなときに便利なのが、この個人情報を書き込めるページですね。

もし忘れた際でも、拾ってくださった方がいれば、連絡をしてですね。届けてくれる機会がたかまりますね。

【アクションプランナー2022の中身】2ページ目は、年間カレンダー

1枚めくってみますと次に。2022年のですね。年間のカレンダーが載っています。

【アクションプランナー2022の中身】3つ目は、海外の主要な国の休日

さらに、次のページを開くとですね。今回わたくしが買ったのがええ。 ちょっとローマタイプなんでしょうか。海外の主要な国の休日が載っています。

ワールドタイムゾーンも載っているので、出張とかに行く時には便利なページかなと思います。

【アクションプランナー2022の中身】4つ目は、プロジェクトカレンダー

次はプロジェクトカレンダー。ガントチャート式のカレンダーが載っています。11月から2022年の12月まで。全部で7ページにあたってなので見開き7ページなので、14頁にわたってあります。結構このガントチャートのページは、会社のプロジェクトなどで活用できるんですよね。

次にバーチカルページがあります。

【アクションプランナー2022の中身】5つ目は、元祖ウィークリーバーチカル手帳

バーチカルウィークリータイプのバーチカルというのは、佐々木かをりさんが考案したというので有名です。元祖ウィークリーのバーチカルタイプといったところでしょうか。

古くは、ミリオネーゼ手帳術からスタートして、ここからいろんな手帳がこのモデルを真似したんですよね。

著書に『自分を予約する手帳術』(2011,ダイヤモンド社)という一冊があるように、見開きで、自分を予約できるのが特徴ですね。スケジュールを一元管理できたり、空いている時間が一目でわかったり、日々の落としこみができたりと、この一週間見開きバーチカルというのはさまざまなよき特徴がありますね。

アクションプランナーのバーチカルの特徴① 月曜始まりの30分単位で、6時~23時

月曜はじまりの30分単位で、かつ6時~23時まであるので、ほぼ起きている時間から眠るまでの時間を書き込めますね。30分なので、結構いろんなことを書き込める印象ですね。

アクションプランナーのバーチカルの特徴② 左ページ月~木、右ページ金~日

左ページ4日間(月~木)右ページタイプ3日間(金~日)と、
左ページ5日間(月~金)右ページタイプ2日間(土日)の2パターンあります。

もちろん、月曜はじまりなのか?日曜はじまりなのか?というのもあります。この左ページの曜日が4日なのか?5日なのか?で使いやすさが変わります。

4日タイプだと、書き込めるスペースが当然、5日よりあるので、一週間の日々のことはかきやすい反面、右側のメモスペースが小さくなるので、メモはとりづらくなる。

5日タイプだと、1週間の書き込めるスペースが小さいものの、反面、右スペースにメモ欄が取れるので、メモをしっかりと取りたい場合には、左5日間の、右2日間タイプが良いと思われます。

アクションプランナーのバーチカルの特徴③ 残りの年間日数、週数が把握しやすい

333-32っていう感じで、残りの日数と過ぎ去った日数がひと目でわかるのが特徴ですね。

1年間52週の中でどのくらい進んだのか、右のメモページのところから把握できます。

シンプルなバーチカルはそのまま。このバーチカルは2022年の12月末まで。

【アクションプランナー2022の中身】6つ目は、見開き4か月のプランナー

次からですね。プランナーが入っています。見開き4ヶ月間でプランニングできる。縦バージョンですね。

プロジェクト管理とかですね。まあちょっとプランニングができるような形が載っていると言うところですね。 そしてページを開くとですね。

【アクションプランナー2022の中身】7つ目は、世界各国の単位

Conversation Tablesと言うことで、世界各国の単位がのっています。

【アクションプランナー2022の中身】8つ目は、メモページは、罫線9ページ、方眼8ページ

そのあとに、罫線のノートが9ページと、方眼ノートが8ぺージついています。

【アクションプランナー2022の中身】9つ目は、20センチ定規。

最後のページは、定規が20センチ。

【アクションプランナー2022の重さは、295グラム】意外と軽い!

ジブン手帳さんが410グラム(2021年度版)、CITTA手帳さんが352.5グラム(2021年度)、コラージュ手帳が310グラム(144ページ)と考えると、アクションプランナー2022の重さは、295グラムは意外に軽いですね。ただ、必要最低限にしか、入っていないので、それが効いているのかもしれませんね。

アクションプランナー2022は、カバー付きで295グラム。本体のみ236.5グラム、ノーマルカバー58.5グラム。こうしてみると、カバーって結構思いものですね。

【アクションプランナーの書き方】相性のいいペン?万年筆は裏写りする?裏抜けが気になる。

私、実際にアクションプランナーを使って書いてみました。

ちょっと書いてみたんですね。
紙質が、ちょっと万年筆とは合わない感じですね。裏抜けはどうしてもしてしまう。

ボールペンや薄いハイライトマーカーだったら、うっすら見えるぐらいでいいのかもしれませんね。

アクションプランナー2022まとめ!使いづらい?使いやすい?

この手帳、アクションプランナーが2003年当時に考案されていたことを考えると、さまざまな工夫がされていて、興味深いですよね。

今回の手帳6000円の税とちょっと高い印象でしたが、サブスク付のメールフォローと、基礎講座付では破格の値段なのではないかと思います。それでも、過去、佐々木かをり先生の講座を受けてこられた方は、いらないので、なしのいままでの金額も用意してほしいところでしたね。

個人的に、バーチカルの原型といった点、プロジェクトダイアリー、ガントチャート、プランニングを考えるのに、面白い手帳かなと思っています。

アクションプランナーの使いやすい理由① 空いている自分時間がパッと見でわかる

ウィークリー見開きバーチカルの日本版元祖。アクションプランナー。
時間が縦に流れているバーチカル手帳。30分単位で時間の量が見えること。見開き1週間。
月曜日から日曜日までの等間隔、同じ大きさ。

こうした点は、15年前革命的だったですよね。その後多くの手帳マニアがオリジナル手帳を出す際に、このモデルを真似ています。ジブン手帳さんや、CITTA手帳さんもその影響を受けていますよね。

この見開きで、パッとわかかるのはいいですね。空いている時間がわかるということは、自分の時間の効率化につながるし、自分時間を求めるようになるのも、特徴ですね。

「自分の持ち時間」「自分の空いている時間」を把握できることは、効率ができますしね。
いいですよね。

アクションプランナーの使いやすい理由② スケジュールを一元管理できる

数多くのバーチカルの手帳の中でも、アクションプランナーは自分の時間を予約するのに適してますね。Gカレンダーや、サイボウズ、オフィスといった、クラウドカレンダーが主流となった今でも、紙での一元管理は、バーチカル手帳に限りますね。

アクションプランナーの使いやすい理由③ 自分の時間を見える化し、予約できる

さまざまなクラウドカレンダーが増えたいま、やっぱり一元管理することは、自分の時間を見える化できるのが特徴ですね。実際に、手帳に自分の記録してみること。そして、手帳を元に、スケジュールを考えてみることによって、自分のいまがわかるようになります。

そして、手帳に仮予約でもいいから、実際の時間に書き込んでしまう。書き込むくせができることにより、どんどん、自分の時間を予約できるようになるのが特徴ですね。

アクションプランナーの使いづらい理由 個人的な理由 時間幅6時~23時の壁

ただ、私個人、過去にこの手帳を使って、悩んだのが、バーチカルの6時~23時という時間幅ですね。どうしても、この時間帯だと、私のライフスタイルに合わず、結構、行動も深夜遅くまで、作業、執筆をいれたいときには、書ききれなくて、それが原因で、やめてしまったというのがあります。

ただ、アクションプランナーは、ウィークリーバーチカルの元祖なので、
ビジネスパーソンで手帳をもっと活用したいという人には、いい手帳かもしれませんね。

Amazon | アクションプランナー Original 2022 手帳(2021年12月始まり) ウィークリー バーチカル A5 イタリア合皮 ローマタイプ ライラック | 文房具・オフィス用品 | 文房具・オフィス用品
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、アクションプランナー Original 2022 手帳(2021年12月始まり) ウィークリー バーチカル A5 イタリア合皮 ローマタイプ ライラックを文房具・オフィス用品ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、 当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無...
Amazon | アクションプランナー Original 2022 手帳(2021年12月始まり) ウィークリー バーチカル A5 イタリア本革 2022スペシャル版 シックゴールド | 手帳 | 文房具・オフィス用品
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、アクションプランナー Original 2022 手帳(2021年12月始まり) ウィークリー バーチカル A5 イタリア本革 2022スペシャル版 シックゴールドを文房具・オフィス用品ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、 当日お届け可能です。アマゾン配送商品は...

佐々木かをり著の『自分を予約する手帳術』にはどんなことが書かれている?

ミリオネーゼの手帳術から、2011年に『自分を予約する手帳術』が出版されています。ここには、手手帳は、他人との約束をするのではなく、自分との約束。すなわち、手帳とは「自分を予約する」ことという新しい概念が紹介されていたのも印象的でした。

この後に発売された、ジブン手帳やCITTA手帳も、バーチカル手帳。さらには、「自分を予約する」ということに影響を受けた書籍名の本も出版されているので、その影響力がある一冊でしたね。

この本の中では、時間管理のコツ、自分を予約するための7つのステップ、手帳選びについて書かれています。その中でも、みなさんの参考になる「自分を予約する」ステップについてご紹介します。

自分を予約する手帳術 | 佐々木 かをり |本 | 通販 | Amazon
Amazonで佐々木 かをりの自分を予約する手帳術。アマゾンならポイント還元本が多数。佐々木 かをり作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また自分を予約する手帳術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

「自分を予約する」ための7つのステップ
ステップ1 時間の量を見る手帳を探す
ステップ2 時間を面で確保する
ステップ3 移動時間も書こう
ステップ4 プライベートも、一カ所に
ステップ5 自分を予約する
ステップ6 「やること」リスト、廃止
ステップ7 いつも持ち歩く・いつも開く

『自分を予約する手帳術』佐々木かをり著、ダイヤンド社より

「自分を予約する」ステップ1 時間の量を見る手帳を探す

「自分を予約する」ステップ2 時間を面で確保する
「自分を予約する」ために大切なことは、時間の量と流れを見えるようにすること。
自分が使える時間の総量を、目で見えるようにしておくことが大切ですね。

「自分を予約する」ステップ2 時間を面で確保する

手帳を学校のように「自分の時間割」にすることが大事。
書くときに、横線をいれたり、枠をいれるということも有効。

「自分を予約する」ステップ3 移動時間も書く

会議や日程、食事会の移動時間も書くことが肝心。

「自分を予約する」ステップ4 プライベートも、一カ所に

「自分を予約する」ステップ4 プライベートも、一カ所に。
会社のスケジュールと、プライベートのスケジュール。

手帳を分けるという人も多いけれど、やはり、一冊の手帳にまとめるのがいい。
仕事も、プライベートも同じタイムライン上に書く。
見開き一週間のページに、仕事も、プライベート両方載せること。

「自分を予約する」ステップ5 自分を予約する

「自分を予約する」ステップ5 自分を予約する
自分の未来を作っていくためには、いま、どのくらい使える時間があるのか?

ここを把握すること。そして、その時間に何をするのかを、主体的に意識をもっていくことが大事。予定を入れ込んでみると、空き時間が把握できる。

従来の手帳では、他人との約束だけを書くものが主流だった。
でも、自分との約束、自分を予約することが大事。

「自分を予約する」ステップ6 「やること」リスト、廃止

「自分を予約する」ステップ6 「やること」リスト、廃止。
やることリストは、つい余計なものを書いて、結局やらない。
チェックボックスにチェックをいれていくやり方は、いつやるか決まっていない。

「いつやるか」という期限が大事だから、必ず、タイムライン上に、やることをいれていく。あえて、やることリストにすることはおすすめではない。

「自分を予約する」ステップ7 いつも持ち歩く・いつも開く

「自分を予約する」ステップ7 いつも持ち歩く・いつも開く
いつも、持ち歩いて、いつも開くこと。これが手帳が続く秘けつ。
いつも持ち歩いて、いつも開いていることで、自分のすべきことを記憶したり、心配したりすことがなくなる。

アクションプランナーと似ている手帳は、ジブン手帳?CITTA手帳?

ウィークリー見開きバーチカルの日本版元祖。アクションプランナー。
時間が縦に流れているバーチカル手帳。30分単位で時間の量が見えること。見開き1週間。
月曜日から日曜日までの等間隔、同じ大きさ。

という先に書きましたが、先駆的な手帳ですね。今回、サブスクによる値上げで、同じような手帳を探している方も増えているようです。後発オリジナル手帳である、ジブン手帳さんや、CITTA手帳さんも、アクションプランナーの影響を多大に受けているので、こちらの手帳をチェックしてみるのがおすすめです。

オリジナル手帳を作る手も!アクションプランナーと似ている手帳を自身でつくる!コラージュ手帳という手も。

オンデマンドで、印刷してもフルカラー144ページ1500円以内でできてしまう時代。
自分の好きなデザインで、作るのも手です。コラージュ手帳なら、オリジナル自分自身の好きな写真もいれて作成することができるし、好きなリフィルを入れて制作することも可能ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました