手帳に何を書いたらいいかわからない時の手帳術

手帳の使い方

皆さん、こんにちは、 コラージュ手帳講師、渡邊康弘です。

さて、今回はですね。手帳に書くことがない人を手帳にですね。

何かいたらいいかわからないという人もいらっしゃると思いますので、そういう方向けにですね、

一つ。記事を書いてければなと思っております。

普段皆さんどのように使っていらっしゃいますでしょうか?

手帳の使いかたがまあ全然よく分からなくてですね。とりあえず予定を書き込んでいたりですとか、

TODOリストになってしまっているって方も結構多いんじゃないかなと思います。

結構、最近は、いろんなオリジナル手帳が増えてきていて、書くべき内容とかね。

項目が非常に多くて、手帳がまあすごく書くのが辛いっていう方もいらっしゃると思います。

新しい手帳を使い始める4月から頑張って続けたい、手帳に何を書いたらいいかわからない人向けに、記事を書いていきます。

手帳を使い始める前に、何のための手帳なのかを書きだす

手帳を使い始める際にですね、一番最初にやってほしいのが、何のために手帳を使う?
手帳を使い始める、その目的を考えてほしいんですよ。
わざわざ、手帳買うという行為をしている人は、100均の手帳とかじゃなくて、
最近はね3000円とか4000円とかもっと高いもんだと5000円とか、自作手帳自分で作ろうという方もいらっしゃると思います。

まず、何のためにこの手帳を使うのかっていうのを。最初に考えてほしいなあというふうに思います。

正直な話、紙に書くとですね。夢ってかなうんですよね。

これ書かなかった時よりも夢芽は書き出した方が叶う。目標は達成できるというのは、結構あのいろんな研究で明らかになっているんですね。

目標達成のええ話ですね。よく出てきておりまして。まあ一つはその紙に書き出してですね。目標を達成することを考えて。 まあその後にまあ、なんでその目標を達成するのかなとか、目標達成するための行動ってどういう行動かなっていうのを考えてみると良いって言うんですよね。それをなんかすごく自分を見える化して行くために手帳って使えるので

自分のですね。ワクワクリストを書き出してみると言うのがすごくおすすめです。

手帳にワクワクリストが書けない人向けに、おすすめなワーク

ただなんかワクワクリスト、いきなり作ろうとしても結構わかんないんですよね。
すごくシンプルな質問で、もしも今、手元に自由になるお金がまあ1万円あったらどうだろうとか。
3万円あったら何したいとか? 5万円10万円30万円50万100万円あったら何したいかなっていうのを考えてみてほしいんですよ。

さらにもっと深めていくと、ええ? まあ、時間が、3時間あったら何しようとか、5時間あったら何しようとか、10時間あったら何しようっていうのを考えてほしいんですよね。で、その時間も一日とか3日とか一週間とか。 ね一ヶ月三ヶ月半年、一年、3年、5年、10年って増やしていく。
すると、 けっこうね。まあ本当はこのぐらい時間があったら、こういうことをしたいなあっていうのが見えてくると思うんですよね。

手帳ってすごく。うーん、そういう長期にわたって達成したいものっていうのに、少しずつ少しずつ、毎年毎年近づいていくのに。

ベストなものなんです。

僕自身も、すごく本当に手帳を意識して使い始めたのは20歳のころからで、20歳の頃からもう20年ぐらい経つわけ。
最初の一年、2年ではかなわないなと思ってたこともやっぱり5年10年かけてやってみると結構かなったりするんですよね。

これやっぱりその長期的目標の力だと思っていて、

人って一年でできることを過大評価して10年でできることを過小評価するんですよね。

最初にまあお金がこのぐらいで具体的なお金あったら何しようっていうのを考えてみて。
そして10年ぐらい。 時間があったら何したいかなっていうふうに考えてみると、
結構長期的内面も出てくるのかなと思います。

時間管理術のスタートは、先週1週間168時間を書きだす

自分の中で夢を叶えるための行動に、対してどのぐらい時間をかけているかなっていうのを考えてほしいんですね。 その際にすごく有効なのが?

時間管理なんですね?

普通に時間管理の部分ですね。オーソドックスに時間管理なんですが、ええ時間管理をする前にまず自分がですね。
一週間168時間。まあ、なに時間を使っているかなっていうですね。まあ、先週の使った時間をですね。確認して行くっていうのがすごい大事ですね。

手伝って? 結構最後のページとか使わなかったりとか、次の手帖に来年の1月、2月ってもう行ってしまっていたりするので、何か最後の一週間とか二週間に自分の中の理想の一週間とか、まあ今までの自分の一週間っていうのですね。書き出してあげるっていうのがすごく大事ですね。

やっぱり意外と何したか分かんないとかですね。あの手帳を使っていて、すごいメリットっていうのは何かっていうと、何にどのぐらい時間を使ったのかっていうのが、まあ記録できるっていうところがあります。なので、手帳の機能として時間を記録できるっていうところがですね。すごく、大きいんですね。 これをまずやってみるというのが大事です。

168時間、まあ一日24時間ですね。自分が何に使っていて、そしてそれがですね。まあやりたいこととかね。

時間を記録するところから始めてみて、自分の中であ、これにこれぐらい時間使ってるなとか反対にね、ワクワクリストとかやりたいってゆってる割にほとんど時間の予算が含まれてないケースって多いんですよね? なので、その手帳でですね、自分の時間をかこっていただいて、その時間をしっかり確保するっていうのはすごくおすすめです。

手帳の使い方 3行日記として書いてみる

次にえっと時間を記録して整理してまとめるようになったら、結構お勧めなのが、やっぱり三行日記っていうのを書いてあげるっていうのが良いですね。 産業日記は本当なんか一日の感想日記みたいな感じなんですけど、えっと今日一日どうだったのかなっていうのを記録していると、やっぱりそのメンタル面すごく良かったりするんですよ。 最近やっぱ精神的なストレスってすごく多いし、鬱とかまああとね、あのADHDとかASDとかHSPとか、まあ繊細さんっていう言葉があるようにですね。まあ、そういう精神的なまあメンタル面で疲れてしまうケースもあるんですよね。 でそういうのを作ってくれるものって、結構実は手帳で何かを記録しているっていうことがすごく科学的にもね。有効的なんですよね? 日記を書くことっていうのは、やっぱりその自分をね。後で振り返った時に、まあ客観するのにも使えるし、あと革命そうですね。書いているうちに、なんかあの自分あ、こういうこと思ってたのかなとか、書き出すことによって、自分を客観視することもできるので、まあ自分の中のですね。まあ。 今日一日どんなことがあったのか?それを手帳にですね。空いているスペースに書き出してあげるっていうのはすごくおすすめです。

手帳の使い方 いいこと日記

自分の中のまあスキルとかええと、なんかすごくいいことを書いてあげる。いいこと日記っていうのも結構おすすめですね。なので、まあ、あの一日のですね。産業日記っていうのに加えてですね。まあ、いいことに次を書いていただいてもいいですし、あとは感情日記です。 自分の感情今日一番自分の揺れ動きを感じた感情って一体何だったのかなっていうのをまあ一つ一つフォーカスしてあげると自分のですね。感情が上手く使えていくっていうのがありますね。

手帳の使い方 読書の記録

読書の記録を付けるっていうのもすごくいいです。手帳に読書の記録をつけてみるとまあ、自分この何を呼んだのかなとか、あと本の中で出会った心響く表現であるとか、すごいなって思った。一部のですね、メモしてあげると。 やっぱりそれがきっかけですね。Partすごく自分が頑張ろうって思ったりするわけですよね。なので、あの一冊本を読んでみてあ、心に響いたなあっていうじぶんをですね。まあ書いてみるっていうのは結構お薦めです。

手帳の使い方 お金や体重、売り上げの記録

手帳の管理の方法として、まあ体重であったりとか、お金の記録ですよね。それを記録する人もいらっしゃいます。 僕は営業マンのところですね。やっぱりその営業の売上売り目をやっぱり一日どのぐらい売らないといけないかなとか、自分のねえ持っている抱えているサービスであるとか、商品であるとか、まあそういうのがね。どれくらい動いていて?でその一ヶ月の売り目に対して到達できるかどうか。 だいたいまあ、一ヶ月1000万円ぐらい。まあ売り上げも売り目というかね。守っていたんですけど、まあ、そういうその1000万円到達するためにどうすればいいかなっていうのをですね。考えていくまあ日割りにしてみたら一日まあ、だいたい30万円でもまあね。 一ヶ月働けるのって20日ぐらいだから恥ずかにするとまあよんじゅうまんとか50万くらい稼がないといけないなーっていう風な感覚になりますよね。で、今度500,001日っていうふうにやると結構重いなあって場合は一週間でだいたい250万ぐらい。 れればなーみたいなその方が気持ち楽なったそっちの方が良いし、あと逆に10日で区切った方がすごく数字がぴったり。300円、10日10日で330万円というふうに見た方が楽だったりとか、何かそういう風に数字をですね。まあ管理したりとか、まあ体重とかねお金をね管理してみるっていうのは。 すごくいいと思います。

手帳の書き方

手帳をうまく書く方法についてはですね。まあ、ほかの記事で書いたんですけど、
個人的にオススメなのはあんまり色分けを最初はしないっていうのが手錠を続ける上でいいかなと思います。

なんかね、どのペンでも手帳かけるっていう感覚がいいんですよ。
あと手帳きれいにかくっていうのはなんか僕思うんですけど、
手帳きれいに書いて、すごい人って出会ったことないんですよね。

手帳マニアの人もまあ、何人も友人いるんですけど、まあ何だろうな?
本当にできる人ってべつに手帳はなんだっていい?と思うし、
なんか、弘法、筆を選ばずっていう感じで、なんか別に手帳をすごく使いこなさなくてもいいと思うんですよ。

最近は、アイフォンとか、まあ、そのねえパソコンで管理したいとか、ipad出かけたりとかいろいろできるので。
僕はなんだっていいと思うんですよね。

あくまで手帳は道具であり、まあ一種自分の人生を支えてくれる相棒だと思うんですよ。
やっぱり手帳が主になる主人公のあることっていうのは僕はないかなと思います。

なんでかっていうと、やっぱり大切にして欲しいのは、手帳大事にするんじゃなくて、
あなたの人生を大切にしてほしいんですよね。

自分の中で、何考えてるかなとかなんかやっぱサブツールとしてね。

書き出すことによって、客観するためのツールとして使って欲しいので、やっぱり手帳ね。
ペンは、何でもいいなあっていうぐらいの感覚で言ったらいいかなと思います。
慣れてきたら、ルールとして何色のペン使おうとか。

お気に入りの万年筆で加工とかねカラーペンを使ったりとか、そういうのやればいいと思うんですよ。

でも、手帳書くことにその人生の大半の時間を割くっていうのは、僕はなんか変だなと思っていて。
まあ手帳はね、あくまでサブでちょっとメモって程度に使っていて手帳を通じて、
自分自身が何をしたいかなっていうのを改めて考えてみるのが使いかたとしてお勧めかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました